商業登記


面倒な商業登記もお任せください!
会社法施行以前の商業登記(会社の登記)は、画一的なものであったため、司法書士や弁護士の関与が無くても、問題なく登記申請ができました。
その結果、一部の行政書士などによる違法な登記申請を招く結果となっていました。
平成18年の会社法施行によって、会社の内部構成が大幅に自由化されました。その結果、会社の自立性・会計の透明性など 「他の会社との差別化」 が図れるようになりました。
商業登記を通じて、 取引先や金融機関などの第三者から見ても安心して取引・融資ができるような会社組織を構築するお手伝いをしていきたいと考えています。

業務内容




◆ 会社の設立登記(株式会社・合同会社・合名会社・合資会社)
◆ 会社の変更登記
(役員・商号・目的・資本金・株式・取締役会等内部組織・その他)
◆ 本店・支店の移転登記
◆ 会社再編関連登記(合併・株式交換など)
◆ 会社法施行に伴う各種変更登記