お仕事 - 成年後見制度

成年後見制度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
成年後見制度とは、認知症、知的障害あるいは精神障害等によって判断能力が不十分な人が、
預貯金等の財産の管理、福祉施設とのサービス契約等の場面で
不利益を被らないよう、成年後見人を選任し法的に生活をサポートする制度です。

成年後見人は家族でも就任できますが、専門的な知識が必要となる時は、
司法書士等の専門職後見人が選任されることになります。

もし家族が成年後見人になった場合でも、司法書士が
後見監督人(家族後見人をチェックする人)に就任することがあります。

司法書士は、成年後見人や成年後見監督人になることはもちろん、
申立書類の作成をすることも可能です。

成年後見の手続には、裁判所へ提出する書類を揃える必要があり、
一般の方が申し立てをするのは、多くの時間と労力がかかります。

司法書士に書類作成を依頼し、その際に「自分がどういうことで悩んでいるのか」を
相談することで物理的・心理的な負担を大幅に軽減することができます。