ホーム > 相続発生後サービス

相続発生後サービス

相続発生後

相続発生後

ご家族が亡くなられた後、しばらくは悲しみにうちひしがれ、「相続のことなどは考えられない」と思われる方も多いことでしょう。
心が落ち着き、事務的な手続きをしなければというお気持ちになられた際に、私たちでお力になれることがあれば全力でフォローいたします。

どんなご心配事でも、どうぞ遠慮なくおっしゃってください。司法書士は登記手続きの代理(代行)も行えます。遺言書の作成だけでなく、簡易裁判所の訴訟代理権も有しております。
ご家族内の相続にまつわるもめごとなどにも、親身になって対応いたします。
税務上のことは当事務所のパートナーである税理士が行いますので、安心しておまかせください。

相続の流れから実際に司法書士が介入する部分

「司法書士の仕事とはいったい何?」
そう疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実際、司法書士と弁護士の仕事の区別はとても微妙で、相続の問題などではどちらに頼んだらよいか迷われるケースも多いと思います。

当事務所の任務は、法律を順守するという枠の中で、お客様の夢の実現をお手伝いすること。お客様のご要望を何が何でも受け入れるということはできませんが、法にのっとったやり方でできる限りお客様の利益になる方法を考え、最良の解決策を一緒に見つけていけたらと思っております。

相続のことでどうしても折り合いがつかず、民事の裁判などにもつれ込む場合は、弁護士をご紹介するという流れになります。
それ以前のことであれば、書類の作成から調査・相続人との話し合いの調整まで、当事務所におまかせいただくことが可能です。

名義変更

相続に関わる不動産の名義変更手続きを、お客様に代わって当事務所が行います(申請の代理)。
遺言がある場合は遺言に基づいて行い、遺言がない場合などは話し合い(遺産分割協議)を行って協議書を作成。
その内容に基づいて名義変更を行います。

話し合いの途中でお悩みのことがあれば、何なりと当事務所にご相談ください。
どんな小さなことでも、丁寧にアドバイスさせていただきます。

相続登記

相続登記とは、亡くなった方(被相続人)の名義になっている土地や家などの不動産を、相続人の名義に変更する手続きのことをいいます。
亡くなった方が所有している状態をそのままにしておくと、代替わりなど発生する可能性もあるので、早めに手続きを行いましょう。
相続の流れについてはこちら